Entrepreneur
Entrepreneur 独立・起業

スタートアップへの投資第三弾として、スマホを使った音声入力によって商品の認知度を向上させる”アイコトバ”へ出資。

スクリーンショット 2016-04-15 14.17.41ヤマセホールディングスは、2016年3月、「見る」「聞く」受動的な広告と比較して、声に出すと10倍以上の認知・記憶効果が得られると言う視点から生まれたマーケティングツールを提供しているアイコトバへ出資した。

例えば、スマホに向かって、”記念日ディナーはカーサアフェリス銀座”などといった音声を入力すると、なんらかのクーポンがもらえるといった仕組みだ。
ユーザーに音声入力させることによって、商品やサービスの認知向上のプロモーションに使えるというわけだ。

注目すべきは、体験型、参加型のゲームフィケーションの要素を組み込みことによって、ユーザーが楽しみながら、ゲーム感覚で能動的に音声を入力する点だ。

過剰な広告との接触機会をもっているユーザーに、認知してもらう仕組みとして今までに無い新しいプロモーションが実現できる。

ファウンダーの田中社長は、2011年に創業してからしばらく1人でもくもくとビジネスモデルを模索しながら準備を進めており、ようやく、エンジニアと企画営業担当を入れて3人体制となったようだ。いよいよ今年から勝負に出るタイミングとの事で、支援させていただくことになった。
アイコトバを使った、今までにないユーザー体験を通したユニークなプロモーションが、ぞくぞくと産まれてくるのが楽しみだ。

Recent entry of Entrepreneur